医学的に免疫力を上げる方法

月額400円以上のフォロワー限定

投稿者: 普段使える分子栄養学

今回は医学的に免疫力を上げる方法をお伝えします。

現在、新型コロナウイルスの大流行が起きている中、
治療薬やワクチンは作られておらず、
ご自身でやれるものとしてマスク・手洗い等しかないのが現状です。

その現状を変えるべく分子栄養学に携わる者として栄養面でアプローチ出来ることはないかと思い、
今回の記事を書きました。

先にお伝えすることとして、
新型コロナウイルスに対する論文は未だ発表されていませんので、
今回の内容は新型コロナウイルスを必ずしも防ぐわけではありません。

しかし、
今までの感染症に対する栄養療法の文献を基に免疫力を高めることで、
新型コロナウイルスの感染・重症化を防ぐ可能性が大いに期待できます。

ワクチン・治療薬の無い新型コロナウイルスに対しては、
ご自身の免疫力を高めて感染予防・重症化を防ぐことが何よりも重要です。

後半の内容で文献も出しながら詳しいお話をしていきますが、
まず新型コロナウイルスの治療としてビタミンC点滴を行った上海の医師の報告をお伝えします。

上海のジョアトン大学医学部付属瑞金病院の救急医療部門長であるEnqian Mao博士の報告。

Mao博士は新型コロナウイルス患者が治療されている上海公衆衛生センターの上級専門家チームのメンバーで、
上海医師会と上海市政府によって承認された公式文書である、
新型コロナウイルスの治療のためのシャンハイガイドラインを共同執筆しています。

Mao博士は、急性膵炎・敗血症等の治療に高用量のビタミンC点滴を10年以上使用しています。
それらの経験から新型コロナウイルスの治療にビタミンC点滴を有効と考えました。

2020年3月17日時点で、
上海地域の重篤または重症患者は全て上海公衆衛生センターで治療され、
合計358人の患者が治療されました。

Mao博士のグループは、
中等度から重度の新型コロナウイルス感染者に高用量のビタミンC点滴による治療を約50例治療しました。

ビタミンC点滴の投与量は、
1日あたり10,000 mg〜20,000 mgの範囲で7〜10日間であり、
中程度の場合は10,000 mg、重症の場合は20,000 mgでした。

ビタミンC点滴を受けたすべての患者は改善し、死亡率はありませんでした。

すべての新型コロナウイルス患者の平均30日間の入院と比較して、
高用量ビタミンC点滴を受けた患者の入院期間は患者全体の平均より約3〜5日短かった。
また、高用量ビタミンC点滴で治療されたいずれの症例からも副作用は報告されていません。

この報告を受けてイタリアとアメリカでも新型コロナウイルスに対しビタミンC点滴を行う動きが出ています。

http://orthomolecular.org/resources/omns/v16n18.shtml

https://www.clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT04323514?cond=COVID-19&draw=3

このコンテンツは有料フォロワー限定です。
新規登録、またはログインしたあとに普段使える分子栄養学さんを月額400円以上でフォローすると閲覧できます。

普段使える分子栄養学さんのポスト

POSTS: 6

400円/月のフォロワー限定

驚くべきマグネシウムの効果

普段使える分子栄養学
400円/月のフォロワー限定

安全?危険?な甘味料‐糖質⑥

普段使える分子栄養学
400円/月のフォロワー限定

足がつる栄養学的な理由

普段使える分子栄養学
400円/月のフォロワー限定

なぜ糖質は危険なの?‐糖質③

普段使える分子栄養学
400円/月のフォロワー限定

果糖ブドウ糖液糖を知ってますか?‐糖質④

普段使える分子栄養学
400円/月のフォロワー限定

精製砂糖はなぜ危険?‐糖質⑤

普段使える分子栄養学

おすすめユーザー

USERS: 2

TakumaN

TakumaN Library

人気ポスト

POSTS: 6

無料

先延ばしを防ぐ3つのポイント

TakumaN Library
無料

覆水

藍染
無料

はじめまして

藍染
無料

幸せに生きたければ年収700万〜1,000万円が最適値

TakumaN Library
無料

幸せな人生に必要な金額を知る

TakumaN LifeHack
無料

ヒトとそれ以外

はウル

人気ユーザー

USERS: 6

ちゅんちゅんまる

Markka

木漏れ日マスクマン

雪。